<   2016年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2016年 07月 22日

742drip [ Summer piece ]

d0097330_10510864.jpg早くも夏休みに突入しますね。

夏休みの大作映画も県内では,
DenkikanとTOHO宇城の2館しか
今だに営業ができていない中で、
Denkikanでも「ONE PIECE FILM GOLD」の上映館になった。


夏休みに入ってすぐの週末、
想像つかない混雑が待っているとはいえ、
どこかワクワクもしている。

by shimosmocha | 2016-07-22 08:11 | @ denkikan cafe...
2016年 07月 21日

741drip [ 良き時代 ]

d0097330_10184421.jpgお客さんのお宝チケット見せてもらいました。

いやはや。。。タワーリングインフェルノとかもあって
当時、テレビで見てから夜中トイレに行けなくなった想いでとか、、

いろんなコトは、必ずや「良き時代」があるんですよね。

コーヒーの良き時代は、、、?
喫茶としての良き時代があったのは、
この映画の前売り券の頃だろうな。
豆売りとしての珈琲屋の良き時代は、
もしかすると、今がいちばん良き時代なのかもしれん。
僕の気力体力そして味覚も、、経験値からしても
今が全盛期か??そう思うと、、
良き時代とははかない時間の残像なのかもしれんな。




by shimosmocha | 2016-07-21 10:29 | @ denkikan cafe...
2016年 07月 07日

740drip [ 珈琲一期一会 ]

d0097330_15261870.jpg

今回、おいしいモノというより、食事もそこそこ、
ほとんどコーヒーばかり飲みまくった学びの旅。


熊本から離れていても、iPhoneには大地の揺れと豪雨警報が表示される。
梅雨前線は名古屋までやって来て、帰る頃から強風と強めの雨が降り出した。
天候も一期一会。


珈琲も宗教も、言葉で言い表せない何かがある。
これが組織化されビジネスモデル化されると、
ポジティブにもネガティヴにもなる。
錬金術を磨くのか、精神調和を磨くのか?


ネパールの珈琲もスペシャルティコーヒーも、
元を辿れば、ただの珈琲の実。
そう、コーヒーはフルーツ。
甘酸っぱいコーヒーチェリー。


ただの珈琲好きから、
意識チャンネルは珈琲屋店主に切り替えてと…。
今回も素晴らしいご縁と学び多き旅に感謝!





by shimosmocha | 2016-07-07 23:59 | 珈琲と豆と、、つぶやき
2016年 07月 07日

739drip [ 珈琲一期一会 ]

d0097330_15252033.jpg

一期一会なる、お忍び的名古屋紀行。


革新と古典を両立させる何かがある土地。


珈琲屋店主と先入観という鎧いを取り払い


純粋に一般的な視点から「コーヒー」という飲み物を飲む。

d0097330_15255861.jpg
一期一会、その時しか過ごせない時空。



by shimosmocha | 2016-07-07 23:58 | 珈琲と豆と、、つぶやき
2016年 07月 07日

738drip [珈琲一期一会 ]

d0097330_15214852.jpg

予定プラン時刻に、美濃太田駅に着いた。
直線距離上に目的地はあるのだが、
距離感も分からないし、汗かいて駆け込むのも・・・。かっこ悪いので
駅前からタクシーに乗る。

場所を告げると、「あんた日本人?」って聞かれた(笑)
まぁ、、毎度のことなので驚きもせず
淡々と会話しながら運んでもらう。


想像通りの趣きある佇まいの珈琲店。


扉を開ける前に、
珈琲屋店主から「ただの珈琲好き」にスウィッチを切り替える。

d0097330_15222010.jpg
ネパールの珈琲生豆を3つの珈琲店がそれぞれ焙煎し、
お客さんの前で披露する。
「コーヒーのことを語ろう」という企画。

これが「スペシャルティコーヒー」だったら行っていない。
何故ならば、ネパールというマイナーな銘柄だったから。


中でも吉岡さんは、ネパールの農園に赴く。
まさに正真正銘な『seed to cup』だ。
表現する味わいも、おそらく現地に携わるネパールの想いを
ギュッと込めたイメージだと思った。

矢島さんは、やや強面な第一印象から(笑)想像していた間逆で、
繊細な味わい。きっと内面は繊細な感覚があるひとかなぁ、なんて。

篠田さんは、やはり想像通り僕がイメージしていた味わいだ。
なんとなく同じ匂いのするひとっぽい(笑)

ゲストコメンテーターの池ヶ谷さんも、
ひとそれぞれがもち合わせる「おいしいというものさし」に
噛み砕いた解説がとても分かりやすく、
やはり来て良かったと実感。



by shimosmocha | 2016-07-07 23:57 | 珈琲と豆と、、つぶやき
2016年 07月 07日

737drip [珈琲一期一会 ]

d0097330_15064599.jpgd0097330_15010602.jpg朝はちゃんとお店を開けて、アイスコーヒーもたくさん準備して
ちゃーんとカウンター業務をこなし、お昼過ぎに空港リムジンバスへ飛び乗る。

名古屋も暑い・・・。

旅も一期一会
たまたま、ぐうぜん、ひつぜん、、、そんな中で、同じ時空を過ごす。
接点としてすれ違うこともあるな。動かなければ出会うことはない、不思議な出会い。
MITSUBISHI MRJは見れずじまい。これはご縁がなかったな、、、。

飛行機、電車と乗り継いで岐阜へと移動。
都会の喧騒からどこかホッとする見慣れた光景。
でも・・・。なにも壊れていない、いつもの日常の会話や音が車内に響く、、、。



by shimosmocha | 2016-07-07 23:56 | 珈琲と豆と、、つぶやき
2016年 07月 07日

736drip [ 珈琲一期一会 ]

d0097330_18485439.jpg震災後、はじめて熊本から飛び立つ。

話には聞いていたが、やはり大地は青の光景が
目に飛び込んでくる。

まだまだ、これからが「復興」の
一歩を踏み出しただけだねぇ、、と。

忘れられないためにも、
発信し続けなさいとも言われた。
人間、忘れるからイイのか・・・?
忘れるからワルイのか・・・?

忘れたいこともある。
しかし、、ふとした瞬間に思い出すから。



by shimosmocha | 2016-07-07 23:55 | 珈琲と豆と、、つぶやき
2016年 07月 01日

735drip [ モモタロウ ]

d0097330_14143040.jpg「いつかは、クラウン。」
このフレーズは、やはりニッポンの生活様式において
日本人の意識レベルを如実に表していると思う。
そして…自家焙煎屋が「クラウン」に例えられるのも、
正に的を得ている(笑)さしずめ、僕は「クラウン」の中でも、
「モモタロウ」ですな!(笑笑)人と連まないカラー(笑)

店の近くに、「モモタロウ・クラウン」がいて、実車マジカッコイイ!
珈琲屋してなかったら勢いで買う(?)かも。
写真を撮りたくて、近づくも…コワモテのオーナーさん(笑)が…
ああ〜1/650台がここに居る〜!なんて思いながら横を通り過ぎる。
こんど、マジ写真撮らせてもらって、写真差し替えよう(笑)

脇道に逸れてしまったが、コーヒーをクルマのグレードに例えられるのは、
必需品(?)であり、嗜好品でもあるからなんとなく、人柄までもあてはまってしまう。

エンジンが付いていて移動さえできればなんだってイイ!ってもの、
コーヒーの味がすればなんだってイイ!
生豆を火にあぶれば炒り豆ができる!って
単純に考えるとそうなんだけど…
ドリップだ!エスプレッソだ!とか直火だ半熱風だ!なんてな講釈は、
一部の人たちの世界観であって、
一般的には「コーヒー」は「コーヒー」なんですよね。

クラウンってステイタス性を保ちながらも、妬みは買う事はない、
とは言え、若造が乗れば違和感を放つも、若造にもウケる受け皿も用意する。
日本人の日本人に仕立てたスーツのようであるように、
珈琲屋のお仕立てに、クラウンのようなコーヒーってなんかなぁ??




by shimosmocha | 2016-07-01 14:29 | 珈琲と豆と、、つぶやき