カテゴリ:珈琲と豆と、、つぶやき( 338 )


2017年 01月 16日

771drip [ 蕾 ]

d0097330_03274589.jpg花屋の店先に、とても好みな枝ぶりの椿を買ったが、
枝先には堅い蕾、花屋さんとたぶん咲きほこれないかもね〜なんていいながら、
1週間が過ぎたころ、少しづつ蕾はほころび、
小ぶりではあるものの可愛らしい花を咲かせはじめた。

そんな週末、GEISHAを飲みにいらっしゃるお客さんも多かったし、
レオちゃんという強力な助っ人がテキパキ活躍してくれたのもあって、
喫茶最高日商を記録した。ここで現実的な話もどうかと思うけど(笑)
決して経営者として相応しくない僕が、珈琲専業に特化し、
このカウンターのお店働かせてもらい、
今までとこれからの変貌を見据えて行かねばと思っていたこの時期に、
この最高日商記録は、
毎日毎日あきずに商いさせていただいた結果が花咲いたような喜びでもあるようです。

有能な経営者だと、もっと効率の良い経営を改善していくだろうけど、
やっぱり僕の能力では、日々ささやかに珈琲豆を焙煎して、
美味しいコーヒーくださーい!というお客さんに一杯の珈琲を淹れて、
お代をいただくことが性分にあってるようです。


by shimosmocha | 2017-01-16 03:18 | 珈琲と豆と、、つぶやき
2017年 01月 04日

769drip [ clean up! ]

d0097330_20061992.jpg
年中文句も言わず、黙々と焙煎豆を挽いてくれている2台のミル。
いつもベストな挽き目であってくれるように分解清掃。
やっぱり綺麗な器具は使っていて心地よい。


by shimosmocha | 2017-01-04 23:59 | 珈琲と豆と、、つぶやき
2016年 12月 06日

761drip [ Esmeralda!! ]

d0097330_17364576.jpgそろそろ自らの手で「Esmeralda GEISHA 」
焙煎しても分不相応にはならんだろうな、、、
いや、僕もEsmeralda農園の生豆を焙煎できるくらい偉くなったか?(笑)

とはいえ、高価な生豆には違わない高級銘柄を焙煎する。
自ら技量を再確認もできるこの銘柄。テスト焙煎で、
ふたパターン焙煎したけれど、やっぱり決めきれない!「自画自賛」(笑)

高級紅茶のような華やかな香りの「タイプA」
赤ワインのような美しい味わいの「タイプB」
店主渾身の一杯をお淹れいたします。

年末年始!頑張った自分への「慈悲珈琲」に是非是非!

by shimosmocha | 2016-12-06 23:59 | 珈琲と豆と、、つぶやき
2016年 11月 23日

760drip [ 横のつながり ]

d0097330_20062280.jpeg d0097330_20060156.jpeg先日、熊本で初の珈琲フェスティバルが催された。福岡は一度行きかけたけど、当日朝に腎臓結石に大当たり(笑)出直したいと思いつつ、、、あ、脇道にそれちゃった(笑)。そんな熊本の珈琲屋さんが一堂に会するまでになって、熊本もちょっとは進歩したなぁ、、と気もそぞろ。一週間間違えて行ったりボケかましながら、当日朝ばたばたとお店の開店準備したら、速攻行ってきました。昼過ぎには大盛況で飲めなかった~って言いながら来店されるお客さんも多かったです。そんな日々、、僕のところに珈琲のこといろいろ知りたいって訪ねてきた青年。そのまま僕のお手伝いしながら学びたいとのこと。俺、そんなに偉くなったのか?(笑)と思いつつも、僕の生き方からなんらかの学びができ、我が道筋を見出してもらえばと・・・。ここ近年も珈琲屋がらみのご縁が多くなってきたなぁ。


by shimosmocha | 2016-11-23 15:04 | 珈琲と豆と、、つぶやき
2016年 10月 27日

759drip [ 知恩 ]

d0097330_19330196.jpg d0097330_19324198.jpg河野社長と久しぶりにお会いした。
今年はいろんなことが起き、毎年楽しみにしていた巣鴨詣でも
震災でそれどころではなくなっていただけに、
涙でそうに嬉しかった。
朝から高級朝がゆ定食(笑)
なんやらお気に召された熊本の地酒。
忘れずにここにアップしておこう(笑)

d0097330_19321339.jpg
d0097330_19334488.jpg河野社長にも、師と慕うお方が存在していた。
やはり「師」と称されるにふさわしいお方でした。
その「師」の志を引き継ぐ。

今回、温かい恩をいただいた。
震災でなにかとささくれた心体に
言葉では言い表せない位、おおきな御恩。

僕は、この御恩をしっかり心の支えに
さらに、御恩を必要な人に繋げていくことで
素晴らしいご縁を広げていくことで
師の教えも価値ある御恩となる。

苦しいからこそ
人の温かさや恩が
幸せだと気づかされる。




by shimosmocha | 2016-10-27 23:59 | 珈琲と豆と、、つぶやき
2016年 10月 08日

756drip [ World Cup ]

d0097330_18035881.jpg
ワールド・ブリュワーズ・カップ
僕にはなんの縁もない競技会だと思っていた。
そんなある日、たまたまSNSで世界チャンピオンが
熊本のコーヒー屋さんに来ると知る。

オリンピックイヤーな今年
何かと世界一と耳にするが、
どんな味わい何だろうか?と気になり始める。

そんな10月も8日の土曜日、週末ともなれば僕もそれなりに忙しく
なかなか週末のイベントには行けないことが多いのに、
この日はすんなりと行くことができた。


d0097330_18043988.jpgクルマで言うところの「F-1」のようなこの競技会
粕谷 哲さんというお人柄はどんな人なんだろうと
始まったワークショップ。

想いのほかにあっさりとしたお方にちょっとばかり拍子抜けするも、
世界に挑戦する姿勢は、お見事としか言いようがない。
パーフェクトとはこのコトだよなぁ・・・。

普通のことを普通に、しかも完璧に再現する。
簡単なようで、一番難しいことを、
折り目正しい美しい所作でコーヒーを淹れる。

beautiful....

対抗する気は毛頭なく、
ひたすら僕は身の丈で、ちょっとつま先立ちした
大いなる刺激と学びをいただきました。

コーヒーというものは、いろんな味わいが表現される。
自分を信じ、自分の味で、自分の表現というものを見つけていく。

彼が淹れたコーヒーは
帰りしなも、カップからのいつまでも薫る匂いを嗅ぎながら
今夜のゴハンは要らないねって言うくらい、
心に満腹、満足するおいしいコーヒーでありました。






by shimosmocha | 2016-10-08 23:59 | 珈琲と豆と、、つぶやき
2016年 10月 03日

755drip [ 旅客ターミナル ]

d0097330_18233499.jpg

福岡空港の空の日写真展2016

久しぶりに写真展なるものに出展させていただきました。

全紙サイズ80点もの写真はやはり圧巻のスケールでした。

時同じくして、
福岡空港第一ターミナルビルが
10月4日を持って閉館。






d0097330_18240498.jpgd0097330_18243472.jpg
昭和の佇まい。
閉館を告げるポスターを見てびっくり。

僕と同じ時代を生きてきたんだ。
いろんな人生の悲喜交々を
この建物はずっと見続けていたのかぁ、、、。



by shimosmocha | 2016-10-03 23:59 | 珈琲と豆と、、つぶやき
2016年 10月 02日

754drip [ お愛想おねがいします。 ]

d0097330_17181017.jpg
絶対とまでは言わないけど、
行く気はさらさらなかった
人生初の回転寿司へ。

まぁ、食わず嫌いではないので、
この際、楽しんでみるも・・・。

えーと・・・。

しばらく勝手がわからず
数分間、ぐるぐる回る寿司さん達を眺めておりました(笑)

なんだかなぁ、、、
ブロイラーになった気分・・・。

d0097330_17113797.jpgと、まぁ、、そんな
満腹中枢だけが満たされど
むなしくもいるなかに一筋の光(笑)

自分で焼いた!と
卵焼きを見せる娘っ子。

その前は、なんか焦げた香ばしい香りが充満したリベンジは
よほど嬉しかったのだろうね。

どんなに厚巻きのキレイなだし巻きタマゴより
ほんのり香ばしい卵焼きは
温かいぬくもりと愛情がこもって
最高においしいね、、、。

なんだか、初心に戻って
焙煎機のテストスプーンも
手のぬくもりで煎り目を見てみようかな、、、。


by shimosmocha | 2016-10-02 23:59 | 珈琲と豆と、、つぶやき
2016年 09月 30日

753drip [ ミステイク! ]

d0097330_17102331.jpgニカラグアのパカマラ種とマンデリンのロングベリー
生豆のパッと見はあまり変わらない姿。


煎り上げて冷却し、次の豆を投入口に入れようとした瞬間・・・・。

げ!完全に取り違えて、
深めのローストのはずだったマンデリンは、
見事にニカラグアの深いロースト仕立てになっていた。

あぁ、、、と嘆いても仕方ない!
そうなれば、ほぼローストを同等にして
ロングベリーの飲み比べとするか、、、。
と修正版での焙煎となりました。

焙煎と一口に言っても
生豆そのもの「素材」を十二分に引き出す焙煎、
生豆を思い描く味わいに仕立て上げる「調理」の焙煎。

どちらも「煎る」ことではあるのだけど
まったく味わいのキャラクターは変わってしまう。
生豆素材を生かすか、焙煎人の思想を生かすか

まさにその対極の煎り豆をつくってしまった。
失敗ちゃ失敗だけど、このニカラグア
「チョコラティート」ってネーミングなんだよね。
深めに焙煎しても良しとしておこう(笑)




by shimosmocha | 2016-09-30 23:59 | 珈琲と豆と、、つぶやき
2016年 09月 30日

752drip [ 人を愛すことは ]

d0097330_12170645.jpg人生、勢いだけで進んできた。
雑草をかき分け、稜線の山の頂上がなんとなーく見え隠れする
そんな年齢になった。もう若い部類ではない、息切れしてかき分けた道を振り向く。

接客業という仕事は、どこかホスピスに似ている。
そして、苦労は買ってでも苦しみをあじわう。
失敗もあじわう。人生の経験値は接客に深みをあたえてくれることに
気づきはじめた。

いいことばかりの人生も、苦しみばかりの人生も似ている。
苦しむからこそ、人の痛みが痛いくらいにわかる。
しかし、本当の痛みはわからないと思う。
辛いからこそ、幸せになる。いい時も、わるい時も
人を愛することは、自分も愛すことなんだ。


by shimosmocha | 2016-09-30 19:58 | 珈琲と豆と、、つぶやき